東大卒プロ家庭教師

中学受験の家庭教師は個人契約の「東大卒プロ家庭教師」算数・国語


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中学受験の家庭教師は算数・国語の指導に自信がある東大卒プロ家庭教師「上畠」(個人契約)にお任せください。中学受験専門のプロ家庭教師が対話形式の指導により、自ら考える力を育て、応用力を身に着けることでお子様の成績アップをサポートします。

中学受験のために算数の成績を伸ばしたいなら、家庭教師はおすすめです。集団指導とは異なりマンツーマン体制になりますから、「算数の授業についていけない」という事態も生じづらいですし、わざわざ手間をかけて通塾する必要もありません。家から出ずに指導を受けられますし、前向きに検討している受験生も多いです。ところで中学受験のために家庭教師を検討しますと、費用が気になる事があります。実際、そのマンツーマンの指導は無料ではありません。学習塾と同じく費用はかかりますが、集団指導とは少々異なる点もあります。家庭教師の場合、基本的には1時間単位で計算されるからです。そのシステムは、ある意味「時給」に似ています。アルバイトなどで働く場合、給与は必ず時給で計算されます。例えば時給1200円の仕事の場合、6時間だけ働いた時の賃金には7200円です。8時間労働であれば9600円になり、時間給に労働時間を乗じた金額が支給される訳です。家庭教師の料金もそれに似ていて、時間あたりの料金が設定されています。例えば1時間につき4000円という料金であるとします。そして1ヶ月に5時間分だけマンツーマンの指導を受けたとすると、月謝は2万円になる訳です。集団指導は、それとは少々異なります。学習塾ですと、たいてい授業単位で料金が決められているからです。授業1回あたり8000円という学習塾だとすれば、4回分で32000円という事になります。その他にも、入会金などがあります。2万円ぐらいになっている事が多いですが、家庭教師の会社によって異なります。なお中学受験向けの算数ですと、1時間あたり5000円を超えているケースは殆どありません。3500円や4000円など、各社それぞれ数字は異なりますが、7000円や1万円などの料金はまずありません。また受験レベルによって、料金は異なってきます。難関校向けコースなどは、やや高めになる傾向があります。
【関連情報:算数 家庭教師 中学受験