通訳案内士試験道場

zoomで通訳案内士試験道場(英中韓・地理・歴史・一般常識・実務)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

語学関係で国家試験として認定されているのが、通訳案内士試験です。海外から訪れた人が安心して旅を楽しめるよう、ガイドをしながら通訳をするためのエキスパートとなっています。試験勉強は外国語、一般常識だけではなく、日本史・日本の地理、更に通訳案内の実務といった5科目となっていますが、それぞれ深く適切な知識が必要となっているため、満遍なく合格点となる7割以上を取れるように頑張ってください。ただし、他の資格試験を取得していた場合、受験科目を免除されることがあるため、どんな科目をとっていればいいのか確認しましょう。英語ガイドとして受験をする場合、TOEICや英検で上位といえる知識のある人の場合、無条件で受験科目を免除されます。ただし、持っている資格によっては期間が限定となっていることも多いため、注意してください。英検1級であれば無期限で英語の受験を免除されますが、TOEICの場合、受験してから1年以内のみの有限で受験免除されるからです。旅行業務取扱主任者及び旅行業務取扱管理者の資格を持っている人や、地理能力検定日本地理で2級以上を持っている人は無期限で地理の科目を受験しなくてよくなります。日本史の場合に関してはセンター試験日本史Bを受験し、60点以上であればある一定の年数という期限付きで日本史の科目を免除されるため、どれくらいの期間免除となるのか確認してから受験してください。なお、歴検の場合には2級以上取得している場合、無期限で免除されるといわれているため、受験前に確認しておくといいでしょう。また、前年度通訳案内士試験の受験し、一部の科目で合格している、あるいは全科目筆記だけ合格している人の場合、1年限りですが筆記試験を一部あるいは全部免除されます。免除された場合には受験勉強をしやすくなるため、勉強をするときに多少心身の負担が少なくなるでしょう。自分でどんな資格を保有しているのか、試験免除に当てはまるかどうかなどを確認して通訳案内士試験の願書を提出する時に申請することが、科目免除につながります。